HOME>オススメ情報>葬儀で失敗しない為の正しいマナーとは?

お葬式での礼儀やマナー

葬儀では身に着けて良いアクセサリーや靴やカバンなどの細かな指定、服装が決まっています。参列した際に恥をかかないよう、しっかり確認をしましょう。

一般的な葬儀の手順とは

時間内に会場へ足を運びましょう

葬儀を行う時間、特にお焼香の時間は決まっています。決められた時間に間に合うようにしましょう。

関係者窓口へ受付を行いましょう

到着したら関係者窓口へ行き、御記帳と御香典を預けましょう。

お焼香の時間まで待ちましょう

お焼香のタイミングは、葬儀スタッフの方が促します。時間になるまで静かに待ちましょう。

順番ごとにお焼香を行います

お焼香の案内がありましたら、並んで順番が来たらお焼香を行います。

親族の方へ一礼して帰ります

お焼香前に故人の遺影に一礼し、お焼香が終わったら親族に一礼しましょう。

希望に合ったプランを選ぶことが出来ます

葬儀会場

家族が亡くなると、深い悲しみの中でもお通夜や告別式の手配をしなければなりません。相模原の専門業者は24時間365日対応なので、早朝や深夜でもスタッフが駆けつけてくれます。希望に合った葬儀のプランを選ぶことが出来ます。

一般葬のお葬式を行うことが出来ます

葬儀会場

一般葬の葬儀を希望している人は、多くの友人や知人に参列してもらいたい人がほとんどです。相模原の葬儀社は、豊富なデザインの祭壇が揃っているので、予算や好みに合った商品を選ぶことが出来ます。現代はお金を掛ける所と、必要ない部分は費用を抑えたい人がほとんどです。相模原の葬儀社は、斎場と火葬場が隣接をしているので、移動の負担が少なく、費用を抑えることが出来ます。働き盛りの年代の人や、定年前に亡くなった人には一般葬がお勧めです。

家族葬や一日葬に対応します

数珠

70代を過ぎて高齢になると、交友関係や親戚付き合いなどが減ってくるので、家族葬や一日葬を希望している人が増えています。相模原の葬儀社では、アットホームで厳かな雰囲気の家族葬や一日葬に対応をしています。家族葬は参列する人数が少ないので、費用を抑えることが出来ます。一日葬はお通夜を行わないので、遺族の心身の負担を減らすことが出来ます。相模原の葬儀社は、家族や故人の要望にあったお葬式が出来るので、幅広い年代が利用しています。

広告募集中