お葬式までの流れ

まずは自宅近くの葬儀会社へ電話連絡をし、葬儀の相談や日時の決定など細かな内容を葬儀スタッフの方と一緒に決めていきます。

お葬式までに準備しておくこと

喪服がきちんと整えられているかどうか

葬儀に参列する際、しわしわの喪服では見栄えも悪いです。きちんとアイロンをして綺麗に整えましょう。

相手の宗派の確認をしましょう

宗派によって数珠が必要な所や不要な所など、やり方は宗派によって全く異なります。喪主の方かもしくは葬儀会社へ連絡し確認をしておきましょう。

参列する方の人数の確認

参列した方へ返礼品を渡すのですが、万が一返礼品が不足してしまわない様に大まかな参列する方の人数を把握しておくといいでしょう。

連絡の漏れがないかを確認しましょう

お住いの地域で組合に入っている場合、きちんと関係者へ必要事項を伝えてあるか確認をしましょう。漏れがあるとその後のトラブルにもつながる為注意しましょう。

親戚へ必要事項を伝えましょう

詳しい日時がわかり次第、親せきに素早く連絡をしましょう。特に遠方から来られる方は、宿泊先や交通手段を早く決めないといけない為、早めに連絡をするといいでしょう。

アクセスのよい斎場

線香

葬儀は突然行わなければいけない状況に陥ることが多いです。何も準備をすることができないまま、専門業者に言われた通りに進めるということになってしまいます。そうなると遺族の希望を叶えることができなくなってしまったり、故人が生前にこんな葬儀にしてほしいということがあっても、叶えることができなくなってしまいます。まずはどんな葬儀にするのか決める必要があります。横浜市内にある斎場の中には駅からのアクセスがよいところがあります。家族葬ではなく、一般の参列者もたくさん来てほしいということであればアクセスのよい斎場を選んでみるとよいでしょう。斎場の中には公営のところもあり、使用料金も市民であれば安くすることができるようになっています。どこで行えば、どれくらいの費用になるのか、という点もチェックしておくとよいでしょう。そうすることで費用に関する不安も解消させることができるようになるかもしれません。安心もできます。

家族葬向けの斎場

葬儀

横浜市内には家族葬向けの斎場もたくさんあります。こぢんまりとした雰囲気の中で葬儀を執り行うことができるので、自宅から見送るのと同じような感覚になれるでしょう。いかにも斎場という雰囲気ではなく、アットホームな雰囲気という斎場もたくさんあります。遺族もゆっくり休むことができるスペースもあるので、安心できます。家族葬が増加をしてきているということもあるので、適した斎場の需要も高まっています。利用をする費用もそんなに高額ではないので、コストのことを心配することもなく、利用をすることができるようになっています。色々比較をした上で斎場を決めてみるのもよいでしょう。葬儀会社に相談をすることで適したところを見つけることができるでしょう。

広告募集中